藻塩について

ご挨拶

わが国では、万葉集でも詠われているように1000年以上も前から瀬戸内地方で藻塩が作られています。
香川県沿岸も良質の玉藻(ホンダワラ)が採れていたため、現在でも高松市では地名として玉藻の名前が残っています。
2009年65歳で定年を迎え、趣味で何かを始めようといろいろと考えていた時に藻塩を知りました。海岸の近くに住んでいたこともあり、自分でも作ってみたいと思ったのがきっかけです。
試行錯誤しながら「讃岐の藻塩」が完成しました。今では多くの方々に助けられ、おかげさまでご好評いただいています。
藻塩工房 武村 幸雄

創業・沿革

定年後の趣味として、藻塩を作り始めました。
ある日海岸に打ちあがったホンダワラを拾っているのを見た漁師のおかみさんに「海苔養殖の網に絡みついたホンダワラを持って帰りまい。」と声をかけられました。
それから試行錯誤を繰り返し、多くの方々に助けられ、現在に至っています。

会社概要

会社名 合同会社 藻塩工房
代表 武村幸雄
設立 2011年1月
資本金 1,000千円
所在地 〒761-8003
香川県高松市神在川窪町118-1
TEL/FAX (087)882-5836